« やってみたぶろぐ。の引越しをやってみた。 | トップページ | チプカシのバンド交換をやってみた。 »

2013年3月11日 (月)

CASIO F-105Wの分解をやってみた。そして失敗。

寝る前に。

こないだF-105W買ったんですよ。2個目w
だってF-105W好きなんだもん。明るいELバックライトが格好イイ!ので。

で、さっそく分解したんです。買ったら分解、コレ基本。(ウソ
裏ブタ開けて、モジュールとりだして、液晶やELシートもはずしてみたりして……。

そしたら、ピーン!て。
ピンセットでつまんでた極小のバネ部品が、小さな音を残してどっかへ飛んでった。

これ、ふたつでワンセットになってる部品。ELシートへの電力供給の部品みたいです。
当然、ELバックライトが点灯しなくなりました。
ぎゃふん。

そんなわけで、ELバックライトの点灯しないF-105Wが手元に残りました。
ELバックライトの点灯しないF-105Wなんて、○○の無い◇◇にも劣るじゃないか!
と、チプカシファンなら誰でもそう思うでしょう。ねぇ。

「そっちがその気なら!こんどフロントパネルの塗り替えに挑戦してやる!」と見えない敵に向かって誓ったのでした。

おやすみなさい。


« やってみたぶろぐ。の引越しをやってみた。 | トップページ | チプカシのバンド交換をやってみた。 »

制作」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592488/56931545

この記事へのトラックバック一覧です: CASIO F-105Wの分解をやってみた。そして失敗。:

« やってみたぶろぐ。の引越しをやってみた。 | トップページ | チプカシのバンド交換をやってみた。 »

チプカシ。

  • 「チプカシ」とは
    「チプカシ」とは「カシオ社(CASIO社)の腕時計製品の中でもチープなもの」を指す俗語。ネットや家電量販店などで実売価格千円前後~5,000円前後で入手できる。同社の「G-SHOCK」とは異なり、ブランド化されてはいない。巨大掲示板2ちゃんねるでは、「時計・小物」板と「デジタルモノ」板に関連スレッドがある。
    CASIO F-84W-1
    薄く軽い、チプカシを代表するモデル。19.5グラム/本体:樹脂/バンド:樹脂/バックライト:LED/電池寿命:7年/日常生活防水
    CASIO F-105W-1
    ELバックライトを搭載した軽量モデル。F84に比べてややごつい外観。22.0グラム/本体:樹脂/バンド:樹脂/バックライト:EL/電池寿命:7年/日常生活防水
    CASIO F-91W-1
    ベストセラーモデル。日本国内では店頭販売されていることは珍しいが、海外ではチプカシの中ではもっとも有名な模様。テロリスト御用達とも言われる。カラーバリエーションも豊富。偽物も豊富。19.5グラム/本体:樹脂/ベルト:樹脂/バックライト:LED/日常生活防水
    ※2013年10月より日本でも発売開始されました。(F-91W-1JF
    CASIO A-158W
    スタンダードなメタルモデル。F91のメタリック(メッキ)版だが日本国内でも多くかつ安価に販売されている。ゴールドモデルなどのバリエーションもある。44.0グラム/本体:樹脂(メタルメッキ)/バンド:ステンレス/バックライト:LED/日常生活防水
無料ブログはココログ