« シチズン 超音波洗浄機 SW1500 をレビューしてみた。 | トップページ

2014年1月 4日 (土)

チプカシ[F-105]のフロントパネルのリペイントをやってみた。

さて。
以前、A158のフロントパネルをリペイントしたわけですが。
こんどはF-105のリペイントにチャレンジしてみました。(2chに晒したら思いのほか好評だったので嬉しい年明けw)

これ、半年以上ず~っと暖めてたネタのわりにはまだしっかりした方法が確立できてなくて……。試行錯誤の末、妥協した部分がいくつかあるけど、とりあえずこのブログにも載っけておこうかな、と。

こんな感じ↓でPhotoshopでデザインしてゴチャゴチャと作業するわけです。
「古いPhotoshop使ってるな~」とか指摘しないでね。悲しくなるからwww
Screen0001556c

P1022529c
ちょっとプリンタの色調整がおかしくて狙った色合いより紺色っぽく出来上がってしまいましたww

ちかいうちに再挑戦!するつもりw


« シチズン 超音波洗浄機 SW1500 をレビューしてみた。 | トップページ

制作」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592488/58879496

この記事へのトラックバック一覧です: チプカシ[F-105]のフロントパネルのリペイントをやってみた。:

« シチズン 超音波洗浄機 SW1500 をレビューしてみた。 | トップページ

チプカシ。

  • 「チプカシ」とは
    「チプカシ」とは「カシオ社(CASIO社)の腕時計製品の中でもチープなもの」を指す俗語。ネットや家電量販店などで実売価格千円前後~5,000円前後で入手できる。同社の「G-SHOCK」とは異なり、ブランド化されてはいない。巨大掲示板2ちゃんねるでは、「時計・小物」板と「デジタルモノ」板に関連スレッドがある。
    CASIO F-84W-1
    薄く軽い、チプカシを代表するモデル。19.5グラム/本体:樹脂/バンド:樹脂/バックライト:LED/電池寿命:7年/日常生活防水
    CASIO F-105W-1
    ELバックライトを搭載した軽量モデル。F84に比べてややごつい外観。22.0グラム/本体:樹脂/バンド:樹脂/バックライト:EL/電池寿命:7年/日常生活防水
    CASIO F-91W-1
    ベストセラーモデル。日本国内では店頭販売されていることは珍しいが、海外ではチプカシの中ではもっとも有名な模様。テロリスト御用達とも言われる。カラーバリエーションも豊富。偽物も豊富。19.5グラム/本体:樹脂/ベルト:樹脂/バックライト:LED/日常生活防水
    ※2013年10月より日本でも発売開始されました。(F-91W-1JF
    CASIO A-158W
    スタンダードなメタルモデル。F91のメタリック(メッキ)版だが日本国内でも多くかつ安価に販売されている。ゴールドモデルなどのバリエーションもある。44.0グラム/本体:樹脂(メタルメッキ)/バンド:ステンレス/バックライト:LED/日常生活防水
無料ブログはココログ