« 【お知らせ】 CASIO F-91が国内で正式販売!【追記あり】 | トップページ | チプカシ[F-105]のフロントパネルのリペイントをやってみた。 »

2014年1月 1日 (水)

シチズン 超音波洗浄機 SW1500 をレビューしてみた。

汚ねぇチプカシをやってやるぜ!

さて。
今回は、超音波洗浄機のレビューみたいなことやってみます。超音波洗浄機ってのは、超音波で水中に小さな気泡を発生させ、その気泡を対象物にぶつけて汚れを落とす、という仕組みなんだそうで。よくこんな仕組みを考え付いたもんだ。

わたしが使ってる超音波洗浄機は、シチズンの「SW1500」です。東芝の「MyFresh TKS-210」とも迷ったんだけどね~。シチズン SW1500はAmazonでレビューが良さげだったのと超音波の発生器がふたつ内蔵されてるらしくてなんかカッコイイ気がして選びましたwwww

んで、これ↓がそのシチズン SW1500です。
20131103_095711_pb032417

で、今回洗浄されるのはコチラ↓。
20131103_092628_pb032387
CASIO A164Wです。モジュールは593なのでF91A158なんかの兄弟ですね。

こいつは、たしかフリーマーケットで200円くらいで買ったやつ。問題なく動いてはいたんだけど、とにかく汚れがひどい

写真でみるとこんな感じ↓。
20131103_093323_pb032393 20131103_093427_pb032401 20131103_094132_pb032405
ヒド過ぎるww 土の中にでも埋められてたんか??

そこで、このベルトを超音波で洗浄することにします。(本体は面倒だけど手作業で綺麗にするつもり。)

わたしがよくやる洗浄手順

① バンドを洗浄槽の底に置きます。
20131103_101311_pb032437

② 中性洗剤(もしくは弱アルカリ性洗剤、あるいはアルカリ性洗剤)を目分量で注入。今回は汚れがひどいのでアルカリ性洗剤を使います。換気扇とかを掃除するときのやつですね。普通の汚れを洗浄するときは食器洗い用の中性洗剤かな。
20131103_101110_pb032431 20131103_094757_pb032413 20131103_101343_pb032439

③ ぬるま湯で7割くらい(?)満たします。あまり熱いお湯だと機器を痛めてしまいそうなので、ぬる~いお湯です。温度は測ってないけど、余裕で指を入れられる程度。たぶん40度前後かな。
20131103_101617_pb032443

④ 5~10分くらい浸け置きします。つまり、放っておきます。ブラシなどでは届かない入り組んだ箇所の汚れに洗剤が作用するのを待ちます。
20131103_104207_pb032449

⑤ スイッチオン。本体手前側の赤いランプが点灯して、水面が波打ちます。
20131103_104252_pb032451

……2分後くらいの様子。
20131103_104435_pb032455
汚すぎるww

⑥ 5分くらいで自動的に止まります。(写真省略)
⑦ 爪楊枝などを使って、ベルトを裏返します。汚い水の中に手を入れたくないので爪楊枝とか使ってるだけですww(写真省略)
⑧ 連続使用で機器に負担を掛けたくないので、5分くらい何もせず放っておきます。(写真省略)
⑨ 再度、スイッチオン。(写真省略)
⑩ 5分くらいで自動的に止まります。(写真省略)

⑪ バンドを取り出して、水道水で水洗いします。これは洗剤を落とすためです。 Dsc_0018

⑫ 機器の洗浄槽の洗浄後の汚れた水を流しへ捨てて、注意深く機器の洗浄槽を水洗いします。この際、機器の外側を伝ってネジ穴とかから水が内部に入らないように注意。(写真省略)

洗浄結果

さて、どれくらい綺麗になったかな……?
20131103_100714_pb032419_2 20131103_110637_pb032465_2 20131103_110855_pb032467 20131103_110924_pb032469 20131103_112823_pb032479
ふむふむ。こんなものかな。これ以上は「洗浄」ではなく「こそぎ落とし」とか「研磨」が必要かもw あんまりゴシゴシやるとステンレスベルトとはいえ傷ついちゃうし、どうしたものか。
まぁ、洗浄結果としてはこれなら合格ですな。

シチズン SW1500様、これからもお世話になりますっ!


« 【お知らせ】 CASIO F-91が国内で正式販売!【追記あり】 | トップページ | チプカシ[F-105]のフロントパネルのリペイントをやってみた。 »

腕時計」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592488/58863964

この記事へのトラックバック一覧です: シチズン 超音波洗浄機 SW1500 をレビューしてみた。:

« 【お知らせ】 CASIO F-91が国内で正式販売!【追記あり】 | トップページ | チプカシ[F-105]のフロントパネルのリペイントをやってみた。 »

チプカシ。

  • 「チプカシ」とは
    「チプカシ」とは「カシオ社(CASIO社)の腕時計製品の中でもチープなもの」を指す俗語。ネットや家電量販店などで実売価格千円前後~5,000円前後で入手できる。同社の「G-SHOCK」とは異なり、ブランド化されてはいない。巨大掲示板2ちゃんねるでは、「時計・小物」板と「デジタルモノ」板に関連スレッドがある。
    CASIO F-84W-1
    薄く軽い、チプカシを代表するモデル。19.5グラム/本体:樹脂/バンド:樹脂/バックライト:LED/電池寿命:7年/日常生活防水
    CASIO F-105W-1
    ELバックライトを搭載した軽量モデル。F84に比べてややごつい外観。22.0グラム/本体:樹脂/バンド:樹脂/バックライト:EL/電池寿命:7年/日常生活防水
    CASIO F-91W-1
    ベストセラーモデル。日本国内では店頭販売されていることは珍しいが、海外ではチプカシの中ではもっとも有名な模様。テロリスト御用達とも言われる。カラーバリエーションも豊富。偽物も豊富。19.5グラム/本体:樹脂/ベルト:樹脂/バックライト:LED/日常生活防水
    ※2013年10月より日本でも発売開始されました。(F-91W-1JF
    CASIO A-158W
    スタンダードなメタルモデル。F91のメタリック(メッキ)版だが日本国内でも多くかつ安価に販売されている。ゴールドモデルなどのバリエーションもある。44.0グラム/本体:樹脂(メタルメッキ)/バンド:ステンレス/バックライト:LED/日常生活防水
無料ブログはココログ