チプカシのリスト | やってみたぶろぐ。

持ってるチプカシのリスト化をやってみた。

購入順。2013/05現在。

Cheap CASIO f84w-1.jpg f105w-1a.jpg f91wg-9.jpg a158wa.jpg a158wea-1jf.jpg
モデル名 F-84W F-105W F-91W A158W A158WE
モジュール 593 1572 593 593 593
バックライト LED x1 ELバックライト LED x1 LED x1 LED x1
防水性能 日常生活防水 日常生活防水 日常生活防水 日常生活防水 日常生活防水
ST/TR/AL 1/100, non, 1 1/100, non, 1 1/100, non, 1 1/100, non, 1 1/100, non, 1
重量 19.5g [実] 23.0g [実] 20.5g [実] 45.0g [カ] 45.0g [実]
電池/持続期間 CR2016/7年 CR2016/7年 CR2016/7年 CR2016/7年 CR2016/7年
本体/バンド 樹脂/ウレタン 樹脂/ウレタン 樹脂/ウレタン 樹脂(クロムメッキ)/ステンレス 樹脂(クロムメッキ)/ステンレス
勝手につけた呼び名 シンプル野郎 暗闇野郎 人気者野郎 実用品野郎 気取り屋野郎
買い時価格(参考) ズバリ!980円なら買い時! これは、1,480円より下がったところを見たことがありません。 色のバリエーションや販売店によって価格はさまざま。980円~1,500円なら買い時かなぁ。 ズバリ!980円なら買い時!1,000円以上で買ったら損!w どうだろう、4,000~5,000円くらいが良く見かける価格帯かな。
コメント 軽くて薄くて、これぞチプカシの基本中の基本。
この軽さ・薄さはどれくらいすごいかというと、F-84Wを腕にはめていて、はめてることを忘れて壁掛け時計で時刻を確認してしまうレベルw
存在感無さ過ぎ!

F-84Wを持たずにチプカシストを名乗る無かれ、という台詞があったとしても、チプカシストの誰もが納得すると思うが、チプカシストの中で大人気かというとそうでもなさそうな気配ww

でもシンプルなので気に入ってます。
一番最初に買ったチプカシだしね。
夜間に行動するチプカシストのためのアイテム。F84やF91に負けず劣らずの軽さ・薄さだが、なんといってもELバックライトがスゴイ。凄いんだけど、ほんと、それしかウリが無いwww

実を言うと、このF-105のデザインって、けっこうダサいと思ってます。フロントパネルの青色の多用もなんかなぁって感じだし、ボタン周りのゴテゴテした形状もG-Shockなんかに比べりゃ中途半端だし。もう少しシンプルな外見でも良かったんじゃないかと思う。

でも実際はかなり気に入ってて、実は分解して失敗したのも含めて3つも買ってしまっていることは内緒w

気の重くなるミーティングのある日には、F-105を腕にはめて行き、机の下でチカチカELバックライトを点滅させて気を紛らわしていますwww
2013/10/02追記
CASIO公式サイト・新製品情報にて、10月よりF91が国内発売、との情報がありました。こちらの記事をご覧ください。
必要十分な機能を備えた低価格デジタル腕時計として、世界的に良い評価を得ていると思われるモデ ル。おそらく海外ではチプカシと言えばF91なんだろうなぁ。(海外にチプカシという言葉は無いだろうがw)

カラーバリエーションも多く、偽物も多いみたい。テロリストも使ってるとか使ってないとか。この機種についてはウィキペディアにも記事が掲載されている。

ちなみに、日本国内の家電量販店などの店頭では見かけたことが無くて、ネット通販でしか買えないんじゃないかと思われる。

私が持ってるのはF-91WG-9というモデル。ボタンまで金色のメッキ処理がされててイイ感じ。

でも、私の中ではF84とF105のあいだでやや影が薄いwww
モジュール番号を見ればわかるとおりF84やF91との兄弟モデル。本体の外見は金属調だけど、クロムメッキされた樹脂製です。
ステンレス製のバンドなので、F84なんかに比べれば、ややずっしりしてますが、重い!疲れる!という感じではない。
全体として非常に無難で、無個性な感じがしてしまう。「飽きのこないデザイン」という言葉がぴったり。というか、際立った特徴が無いので、飽きることも無い。このモデルを好きな人はそういった控え目さ(?)が気に入ってるんじゃないのかな。A164とかA159なんかも、ほぼほぼ同じような感じですね。
「実用」に徹した道具、という印象。

ヨドバシカメラだと980円で売ってる(2013/05現在)ので、なにかのついでにうっかりレジに持っていってしまいそうな、そんな存在w

フロントパネルのデザインがあまりにも退屈に思われたので、再塗装しました。(ブログ記事へ
A158Wの、フロントパネルのデザインを変えただけで、およそ5倍程度の価格が付けられているモデル。
使ってるインクの色数が少ないんだからそのぶん価格を下げてくれ!と言いたくなるw
フロントパネルのデザイン次第でずいぶん雰囲気が変わるなぁ、と初めて思い知らされたモデルです。そして、まんまとバリエーション商法に乗せられて買ってしまったモデルでもあるw

周囲のチプカシストが軒並みノーマルA158Wで、自分だけこのA158WEだったりすると「このデザインがひと味違うんだぜ~」とか鼻高々かもしれんが、チプカシに興味の無い世間の人々からすればどっちも同じなんだろうなww
Cheap CASIO b640wd-1a.jpg w202-1av.jpg a168wa.jpg ae1200whd-1av.png al190w-1ajf.jpg
モデル名 B640W W-202 A168 AE-1200WH AL-190W
モジュール 3294 3294 3298 3299 3274
バックライト LED x2(左右)、残照機能 LED x2(左右)、残照機能 ELバックライト LED x2(左右)、残照機能 無し
防水性能 5BAR(50m) 5BAR(50m) 日常生活防水 10BAR(100m) 5BAR(50m)
ST/TR/AL 1/100, 1, Multi 1/100, 1, Multi 1/100, non, 1 1/100, 24h, 5 1/100, 24h, 5
重量 49.0g [カ] 25.0g [カ] 49.0g [実] 92.5g [実] 26.0g [カ]
電池/持続期間 CR2016/3年 CR2016/3年 CR2016/7年 CR2025/10年 太陽電池/約14日
本体/バンド 樹脂(銀色梨地)/ステンレス 樹脂/ウレタン 樹脂(クロムメッキ)/ステンレス 樹脂(銀色梨地)/ステンレス 樹脂/ウレタン
勝手につけた呼び名 ネオ・レトロ野郎 お買い得野郎 シーラカンス野郎 多機能安心野郎 日光おねだり野郎
買い時価格(参考) 3,000円弱なら買い時! 2,000円前後なら買い時! 2,000円未満なら買い時! コレ、2,980円とかで買ったような気がする……。 2,000円前後なら買い時。むやみに高い販売店もあるので注意!
コメント 写真で見ると超カッコイイw
実物もそれなりにカッコイイ。
ただ、本体が梨地仕上げのやや色味のある銀色なので、できれば買う前に実物を見るのが吉。

本体の左右側の曲面といい、ボタンが斜めに突き刺さるようなデザインになってることといい、80年代~90年代当時のCASIOのスタンダードの特徴を良く受け継いでいる、のではないかと思えるモデル。
単に復古したのではなく、新しい境地を目指したカッコイイモデルといえる。

いっそ、梨地じゃなくてA158やA168みたいなクロムメッキ調にしてしまっても良かったのではないかな~とも思う。

この3294モジュールのバックライトは、なかなか良い感じ。左右から照らす落ち着いたオレンジ系のLEDは、ライトまで気を遣って設計されてる感がある。必見。

B640Wとなんら変わらないが、フロントパネルのデザイン内で、赤インクを使ってるところが違うw

B640の黒モデルだと黒と灰色だけで構成されていてなおさらカッコイイが、それだけで実売価格が2~3倍にもなるので、黒メタルのバンドや黒いボタンに興味がなければW-202で十分な気もしてしまう。

というか、NATOタイプのバンドに付け替える気マンマンで買ったので、ラバーバンドも黒メタルバンドも関係ないやねww

実売2,000円くらいなので、格好良さからいってお勧め。

海外向けなのか、バンドは長め。
2011年 グッドデザイン・ロングライフデザイン賞受賞。
1988年に初回発売だそうで。黒木メイサ(タレント)や田中将大(プロ野球)と同じ生まれ年ですな。

ELバックライト搭載で、そのぶん、A158なんかよりは少々分厚い。
でもいやになるような重さの差は感じない。これはこれで十分軽い腕時計といえます。

モジュールの3298は、どうやらF-105の1572と同寸法のようで(未検証)、3298を積んだF-105や、1572を積んだA168も出回っている模様(ウワサ)。たぶん3298は1572のマイナーチェンジ版であって、現在は1572から3298への移行の過渡期、ということなのかな?

左上のデジタルによるアナログ表示(?)の部分は、写真で見るとカッコイイが、実際に使ってるときはぜんぜん見ないw
やっぱ、数字で何時何分と表示されてるとそっちへ目が行っちゃうよね。

デジアナはともかく、ワールドタイムは浪漫があると思う。
「そうかNYは今○時か、たぶん奴が米国人なら今頃寝てるだろうから、今のうちに値段を吊り上げてびっくりさせてやるか……」とか。(海外オークションでの嫌がらせ戦略www)

この機体は、デカイ。
G-SHOCKほどではないにせよ、F84とかに慣れた腕にはデカく、重い。
なんか重戦車を腕にはめて、守りを固めてるような印象。

B640W、W-202の3294モジュールと同じく、この3299モジュールも、オレンジ系のLEDライトが左右に配置されていて、なかなか良い雰囲気。
この方式がこれからのCASIOスタンダードだといいな~。
写真ではデカイ機体かと思ったけど、それほどではなく、しかも軽い。

しばらく日光を当ててないと、電力不足マークが点灯するので、翌日はこれを会社にはめて行き、昼休みに日光浴する、というのが私の日常ww

ライトが無いのは、実際にはあんまり困らないんだけど、ちょっと安心感に欠けるかも。イザというときに時間が読み取れないのは困るじゃん。
まぁ、普通に暮らしてると、イザという時が無いのだけどwww

このAL-190WとかF-105とかの本体デザインって、なんかミリタリー系というか、サバイバルゲームやってる人に似合いそうな感じがする。

これも、バンドはやや長め。